足りない思い出

先日明治神宮前駅に向かうために新宿三丁目駅に向かいました。改札を通りホームの奥に進むために歩いていたら60歳ちょっと過ぎたくらいの女性に呼び止められました。見た目も可愛らしく、お上品なん感じがしました。育ちは悪くなさそうだし、話し方も綺麗な喋り方でした。嫌な感じもまったくしなし一般的なそれよりは割りかしお上品方のおばさんってところでした。迷ってるのかなと思いました。ですけど話を聞くとどうやら神奈川の自宅に帰るお金がないと。まさかとは思いましたけどお金をかりたいと。見ず知らずのおばさんにお金を貸して欲しいと言われ思わず、笑ってしまいました。何を言ってるんだかそんな単刀直入に言われても困るほどの勢いで思いましたお金を貸して欲しいと言われました。けど貸すって言ったてもう会えないし返してもらえるわけがないのに貸すって一体何をどうしてこんなことを言っているんだろうと。笑ってしまったその後、「皆んなに笑われるのよ。分かってるわ」と言われました。周りには仕事帰りのサラリーマンや女子大生っぽい子やら老若男女。まさかここにいる人の多数に聞いているのかと思うとややこわくなりました。


それで貸さないつもりでいくら借りたいのかききました。「百円かしら、いや千円あったらいいわ」と言われました。流石に千円を見ず知らずの人に貸すわけにはいかないので千円は貸せないと言いました。千円も貸せないのにほかに貸せるお金があるのかと聞かれればどうしようもないんですが千円は絶対に嫌でした。ポケットの中に手を突っ込んで探してみると五百円玉が一枚入っていました。


悔しくてため息が出ました。大抵は五百円なら嬉しいはずなのに、その時は百円なら良かったなと思いました。「ちぇっ」百円かよじゃなくて「げっ」五百円かよ。という感じでした。


仕方なく五百円を貸すことにしました。人差し指と親指で差し出した五百円玉はいつもより重く、いつもより輝いてみえました。